関節炎

関節炎の症状と原因についての基礎情報

関節,症状,原因,治療,病院

 

関節炎の症状と原因

 

関節炎の症状として共通しているのは、関節のこわばりや動かそうとすると痛みを感じたり、
また関節の周辺を覆うように腫れていることでしょう。
関節に炎症を起こしているのであれば、何かしら異常があることには気付くものです。

 

 

 

これらは初期段階での症状ですが、さらに関節炎の症状も悪化して末期ともなれば、
関節を動かさなくても痛みを感じることでしょう。

 

 

 

単に関節だけでなく、骨まで傷めつけられていることが多いからです。
ですので、関節炎は症状が軽いうちに治療をした方がよろしいわけです。

 

関節炎の基礎情報

 

関節炎の基礎情報として、関節炎には一時的なものと
慢性的に症状が続くものがある
ことを述べておくべきでしょう。

 

 

 

一時的な関節炎というのは、例えば関節のズレによる炎症や、
細菌や血液中の物質を原因として引き起こされる関節炎などです。
これらは原因さえ取り除くことが出来れば、症状の改善が見込めるものです。

 

 

 

一時的な関節炎とは逆に、慢性的な関節炎というのはリウマチです。
その原因は免疫異常によるものなので、
言わば自分の体自身が関節炎の症状を引き起こしている状態です。

 

関節,症状,原因,治療,病院

 

そのため、たとえ症状が治まっても再発の恐れもあるので、
場合によっては一生付き合うものになることもあります。
一時的な関節炎の場合、その原因を抱えた関節のみが、炎症に見舞われるのが普通です。

 

 

 

しかし、慢性的なリウマチでは一度に複数の箇所が、関節炎になる場合もあります。
それには免疫異常というその原因が、体の部位のどこかに集中するよりも
全身に及びやすいものですから、そのおかげで同時に関節炎が多発することにも繋がるわけです。

 

 

 

いずれにしても、関節に異常を感じたら、
関節炎であるかどうか検査をしてもらった方が無難ではあるかもしれません。

 

 

 

>>>日常でやりがちな関節炎を引き起こす習慣